知り合いから借金をしたならば、あなたは自尊心までも奪われる

知り合いから借金をしたならば、あなたは自尊心までも奪われる

自尊心とは

《自分の人格を大切にする気持ち・自分の思想や言動に自信をもつ気持ち・他からの干渉を排除する態度》

借金の懇願は出来るだけ知り合いからはしたくはありませんよね!

しかし、やむおえず知り合いからお金を借りた場合、あなたはどうなるのかを教えて行きたいと思います。

何かを買うことが許されない

 
借金をしているにもかかわらず、自分の物を買う事は許されません!
まして服など、目に見える物は絶対NG
貸した知り合いはそんなの買う金あるなら金返せと思います。
そして、あなたも気まずさから、
「コレ安かったんだー」
「どうしても必要な物だった」
など、聞いてもいない事を知り合いに話して、自分を正当化するでしょう。

外食は許されない

 
外食なんてそんな贅沢は許されません。
お金を借りている知り合いと外食に行くならまだしも、友達や、パートナーと外食なんて、まして飲みに出かけるなんて絶対にNGです!
あなたはお金お貸してくれた知り合いに
「○○先輩がおごってくれるって言ったから」
「○○がどうしても付き合ってくれって言ったから」
など、外食に行った経緯の言い訳じみた正当化をします。
もしかしたら知り合いに、嘘をつく事になるかもしれません。
そして、借金をしているにもかかわらず外食なんてと、後ろめたさからSNSに投稿する事も出来ません。

パートナーから借りた場合は浮気を疑う事が許されません

 
借金をしているにもかかわらず、パートナーの行動を疑うなんて持っての他です。
はっきり言って、パートナーは、あなたにお金貸した時点で、もうあなたに愛想を尽かされているかもしれません。
それでもまだ一緒にいて貰えるだけで、有難いと思って下さい。
パートナーもお金を返してもらえるまで別れる事が出来ないのかもしれませんし、
そこはあなたのパートナーしか分からない事ですが・・・
今のあなたが、パートナーの行動を、アレコレ言うのは筋違いです。
何をしていてもグッとこらえて下さい。

自分の考えを通す事が出来ない

 
はっきり言って、知り合いにお金を借りたあなたは、明確な失敗例な人間です。
あなたの意見など、聞いて上手くいくはずないと思われますし、
お金を借りている時点で、あなたの立場は底辺だと思って下さい。

まとめ

 
お金を借りた時点であなたの自尊心など、とうに存在しません。
お金を貸してくれた相手に、
あなたは生かされているのです。
自分の為の消費や、自分の考えなどは押し殺し、
ただただ、誠心誠意、返済する事だけを考えましょう。
一度でもお金を借りてしまえば、例え返済しようとも、お金を借りた事実は消えず、いつまでも、
「お金を貸した事がある」
がついて回ります。

そして、『ここだけの話』で、ほぼ100%「あいつに金貸した」と話のネタに使われます!!
お金を貸して頂いて噂されるならまだしも、借してくれなかったにもかかわらず、
ここだけの話』で「あいつに金貸してと頼まれた」と噂話が広まるリスクもあります!

人は、人の不幸が楽しいんです!

こんな良いネタ黙っていてくれる訳がありません!

結果

 
知り合いにお金を借りる行為は、利子こそ付かないにしろ、

あなたの自尊心を奪われてしまうでしょう!

ーあわせて読みたい記事ー

多重債務者だからこそ分かったオススメのキャッシングカード