オリラジ田中のTシャツ屋さんでついに1点も売れない日があった模様

オリラジ田中のTシャツ屋さんでついに1点も売れない日があった模様
 

オリラジ中田 仕事への不安で深夜3時に飛び起きる「これ、やべえ…って」

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)が12日のニッポン放送「中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」(水曜後6・00)の生放送に出演。仕事への不安から深夜3時に飛び起きたことを明かした。中田は10月にネット販売のアパレルブランドを立ち上げ、翌月には実店舗を東京・乃木坂にオープン。「幸福洗脳」と書かれたTシャツを1万円で販売するビジネスに成功する、とこの番組で宣言していた。

この日は「過渡期に来たなと思った」とビジネスの進捗を報告。「ついに来たんだよ、1日(店を)開けていて1点も売れない日が。もちろん商売は甘くない。だけど、初めてその日が来た日は震えたのよ。これ、やべえ…って」と語り、「ラジオでネタみたいに言ってますけど、これは生活でもあるわけじゃないですか。ビジネスをやりたいからレギュラー番組を整理して、『ビジネスやってんだよ』って豪語してるわけじゃないですか」と笑った。

「1日1点も売れない。不思議だね。夜中の3時に飛び起きるんだよ不安で」と明かし、「これが皆が飽きた、もう買い終えたという状況なんだとしたら、俺どうする?って。絶望の淵。崖だよね。うわー高いところまで登ってきたぞ、落ちたら死ぬんじゃないかって思った」と率直な心境を吐露した。

続けて「夜中の3時にパソコン開いて作戦を書くんですよ。自然と出てたよね、俺の名ゼリフ『まだできることはある』。本当のピンチになったら、自然と小声で出るんですよ」と苦笑い。「経営者の孤独よ。ここで死んだらおしまいだぞと思って必死に作戦を考えるわけですよ。溺れかけの時って息ができなくなってばたつくでしょ。あそこでやらないといけないのが冷静になること。すると少し体がすっと浮いてくる」と自らに言い聞かせるように語り、今後の“作戦”をリスナーに明かしていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/13/kiji/20181213s00041000228000c.html

こんなん『アッちゃん信者』しか買わんやろ!
っとは思いましたが・・・笑

すんごく、気持ち分かりますよ!
もう、頭ん中、目を瞑ると不安の思考がグルグル巡りだし、全然寝る事が出来ないんです。

1日お店を開けて売り上げが『0円』もうヤバイ!と何度思ったことか!

オリエンタルラジオのアッちゃんでさえ、そんな心境になるんだ〜と少し親近感が湧きました。
まぁ〜しかし言うても影響力が圧倒的に違いますからね、ダメ男とは。。。

ダメ男もお店がボウズだった時、震えました。。。
そして、アレや・コレや、考え、色々やっては見たものの、

効果のない値下げ、
効果のないメニュー改善、
効果のないイベント、

などなど、

色々と挑戦してみたのですが、そこでわかった事が、

ドラッカーの教え※読んだことあります?

コチラはとても読みやすいです!

多くの経営者のバイブル本として有名なので一度読んでみてはいかがでしょう。

この本にも書いてありますが、

【全てのものは陳腐化する】

要するに、飽きられてしまったんですね。

飽きがくる前に、何かまた違う何かを生み出さなければ行けなかったものの、
タレントでも無いわたしが、人間力だけでお客さんを何年も引き止める事が出来ませんでした。

お客さんが飽ききって、足が一度遠のいてしまったお客さんをもう一度呼び戻すのは、

もうコレ、ホント!

至難の業!!

今だにわたしは、借金をしながらの模索中ですよ・・・

何かご商売をされている方は、ダメ男の様に満足して踏ん反り返る事なく、

新しいサービスを打ち出し続けてくださいね。

いやぁ〜もっと早くこの本に出会っていたかったです。。。