経営難の個人経営者必見「金を掘りたい人に金を掘る道具を貸す」思考

経営難の個人経営者必見「金を掘りたい人に金を掘る道具を貸す」思考

現在、個人経営をなされている方で、経営難に悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

このブログの管理人ダメ男もその一人です。

「そんな男に何を教わる事があるの?」っと、この記事をお読みのあなた!

分かりますよ!分かりますとも!!

そんなあなたが知りたい事は成功者が成功するまでのプロセスが知りたいんですよね!?

 

成功体験は再現性があまり無く、失敗体験は再現性が高い!とも言われています、ここでは失敗学として読み進めて見てください。

一応ダメ男の実績として、こんな多重債務者ではありますが、これでも約20年近く個人経営者として生きながらえています。

 

経営難の方

 

大手企業の社長さんの経営難の悩みは・・・このダメ男にはさっぱり分かりません!

なぜなら大手企業に就職すらした事ないからです・・・笑

中小企業の社長さんの経営難の方、そのへんの事なら・・・うん!分かります!!

それは、大抵の事に当てはまるであろうこと、、、

 

ズバリ言うと

 

『お客さんに飽きられた!』

 

もう、これに尽きます!

 

そんなの分かってるわ!って思いますよね!?

それとも、その現実から目を背けていましたか?

しかし、そんなハッキリと誰も言ってくれなかったと思います。

だからこそ、このダメ男が言って差し上げました!

 

お客さんに飽きられた・お客さんのニーズが変わった、だから!

売り上げが無いのです!

よって、経営難になっているんです。

 

最初は物珍しくても、途中で飽きられてしまうんですよね。

やってるコッチ側の人間から言えば、そんなの定番商品で、長年ずっーと続く商品だってあるじゃないか!

って思いますよね、そうです。ありますが、そんなの一握りなんです。。。

自分が世に出している商品やサービスが、その定番商品になれると勝手に思い込んでいるけど、結果的に数字が徐々に下がってきているのならばそれは一先ず終わったものなんです!
また再ブレイクがあるかもしれませんが、それは第2の商品や第3の商品の下支えがあってからの事です。

 

以前このブログ内でも紹介した、ドラッカーの教え「マネジメント」にもありましたが、

 

全ての物事は陳腐化するものと思っておけぇ〜!

 

みたいな表現だったかと思いますが、ホントそうです!

陳腐化(ちんぷか)=消費者の変化や新技術の登場によってブランドが古くなること『コトバンク

特にSNSの普及により情報多化でトレンドがあっという間に過ぎさったり、逆に古かったものが見直される事もあったりもしますが。

まぁ、一概には言えない事や、さまざまなケースがあるので今のあなたに当てはまらない方もいるかも?しれませんが、ここで“ムッ!”って怒っちゃった人はきっと自分でもどこか分かっていたところあったのではないでしょうか?

 

個人経営者

個人経営者で、こじんまり経営している、飲食店・建築関係・サービス業 etc・・

様々ありますが、小中規模合わせたら、物凄い人数いるのではないでしょうか!?
ある統計では20人に1人個人経営者とも言われているそうですし、全国で220万人いるとも言われているそうです。

 

全国の人々の中には、国勢調査の未提出、税金の申告逃れ、黒いお金の流れ等、の方々もいるので、もっともっと多いかもしれませんね!

 

まぁ、個人経営者の多くは最初、ここから大きくして徐々に授業を拡大して行きたいと思う人が大半ではないでしょうか!?

しかし、半分位の個人経営者はホント個人のまま、なんなら従業員を雇って会社を大きくしていったところで、10年後その会社が存在する確率もかなり少なくなって行きます。

 

現にダメ男が20代前半で事業を起こした時、「ダメ男にダメ出しや、アーしろコーしろ」とアドバイスをくれたビジネスの先輩方はことごとくいなくなっていきました。

まぁ、ダメ男が関わってきた人間関係にもよるかもしれませんがね(笑)

まぁ、何が言いたいかと言えば、とにかく個人経営者なんて出てきては消えはするものの、

 

あっちこっちうじゃうじゃいるんです。

 

そして、消えていく個人経営者が多くいると言う事は、消えていなくなる数年数ヶ月前から経営難の個人経営者だったって事です!

これは紛れもない事実だと思います!

でなければ消えていかないですよね・・・笑

個人経営者必見の儲け方

 

ここで、本題に入りますがその前に、上記にもある様に、今、自分ががこの先消えていなくなる経営者かも!と危機感が無い方が多いかとも思います。

まっそんな事思いながらビジネスをやっている人もあまりいないですよね(笑)

自分が起こしたビジネスはどちらかと言えば自分の城のようなものですし、大抵の方はワンマンだと思います。

ダメ男はというと、ダメ経営者の鏡の様な、放漫経営でした!!!

放漫経営(ほうまんけいえい)=会社の使用者側が会社を運営。管理する能力がない、会社を私物化する等により企業経営を混乱させる事『Wikipedia

分かった!分かった!

でっ、個人経営者の儲け方はなんなの!?って思いますよね!!

 

それは、貸す、です。

 

今の時流ですよ!

 

貸す・レンタル・シェアー
今後、ビジネスのキーワードです!

自分の城(会社)を誰かに貸すなんて事は嫌だと思いますが、この貸す行為こそが儲ける仕組みなんです

この記事を見た個人経営者の方々!

 

やったね!

 

コレかなり有料級の情報ッスよ!!!

 

イイなって思った方、このダメ男に、コンサル料振り込んでくださいm(__)m

金を掘りたい人に金を掘る道具を貸す

 

以前にもブログ記事にしたのですが、

「金を掘りたい人にジーンズを売る」
「金を掘りたい人にツルハシを売る」

と言った、ゴールドラッシュの時に一番儲けた人は誰だっていう有名な名言なのですが、

21世紀は、売るのではなく、貸す

 

では何を貸すのか???

貸せるものがあるのなら、何でもいいんですが、

一番ガポッと儲けれるのが、会社を貸すお店を貸すです!

一番多い個人経営者の事業形態は店舗型の個人商店の方ではないでしょうか!?

まぁ、昔から、お店の間貸なんて普通にあったわっ!

なんて事も言われてしまいそうですが、

ありました!

たしかにありました!

しかし、では、だからと言って、どこでもやっているわけではないでしょ!?

それはなんで!?

 

「貸さなくても利益あるから、貸す必要が無い」
「自分の城に他の人を入れたく無い」
5年後慌てて貸し手見つけてるかもね(笑)

 

「自分の会社の従業員がいる」
後何年、そこで働いてくれるのかな?

 

まぁ様々あるでしょうが、大企業の社長さんいるじゃないですか!

あの社長さんの多くは雇われ社長なんですよ!

意外に知らない人っていますよね!?

ただそれを小さい規模でやればイイだけなんです!

例えば、自分が営業していない時間対、店だったりは閉まった状態ですよね?

その閉まっている時間帯を、貸すだけでいいんです!

自分のお店や会社が自動的に24時間営業の様になってしまいます!

それを、自分の身体一つで営業する訳ではなく、家族を巻き込む事もなく、就業員にやらせる訳でもないのです!
一番分かりやすいのは、先日話題にもなったコンビニの24時間営業の見直しとかってありますよね?

 

それを、いつかその仕事をしてみたいと思う人に貸すだけです!

しかも自主的にやってくれるのです!

自分ではまだ一歩、独立する勇気が無い人、そんな人SNSで探せばどこからかともなく現れます!

 

その人に賃貸契約して貸せば、テナント等借りている場合は管理会社や大家さんとの規約違反になるかもしれませんが、

営業委託の名目で、お店や、会社を、やってもらえばいいだけなんです。

そりゃ〜自分の城を貸す事に抵抗がある人や、心配になってしまう人もいるかもしれません。

すっごいその気持ち分かりますよ!

実際ダメ男も貸す事になってから、ちょっとしたストレスは多くなりましたが、そこはもうお金もらっているからと割り切る様にして我慢しています。

そのうち慣れるのではないでしょうか(笑)

 

資格がいるものなどには、誰でもとはいかないかもしれませんが、その資格を持ってはいるが、いつかは自分でって思っている人もいるでしょうし、まぁ各業種ごとに1〜10までやり方をここで書き込むのも無理があるので、

あとは、アイデア次第でなんとでもなりますよ!

そこは、何を貸す事ができるのか!?アイデアを振り絞って下さい!

まとめ

実際貸すとなった時、どうしても自分がいかに損しない様にするか、

なんなら、貸すとなってから急に欲深くなり、そこでいかに儲けようかとしたくなる気持ちも分かりますが、

そこは、極力win-winの関係になる様に勤めて下さい!

 

借りたい人も、ただでさえいきなり独立する!なんて思考と行動力がある人ではないので、結構慎重だと思いますし、絶対に損をしたく無い人でもあるので、めちゃくちゃ好条件で貸す方が話は早いかもしれません!

 

ほぼ破綻しかけたダメ男が復活した方法なので、実績はありますが、
まっ、こんな案もあるよ位で、経営難になり、ただ沈没していく自分の城をただ指を咥えて「座して死を待つ思考停止状態から、こんな考え方もあるって思考で捉えてみていただければありがたいです。